スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

GMの悲劇 

GMの悲劇

なんだかんだ言って、アメリカに来てみるとGM、フォード、クライスラーの車、こんなに走ってるんだ。

というか、やっぱアメリカ車が多すぎっ!車好き過ぎっ、車に頼りすぎ。

現地の人に聞いてみると、アメリカの自動車業界の景気の悪さは、日本で思っているほど感じてはいないよう。

逆に、報道好きの日本が騒ぎすぎていて、ビックリしているとも。

むしろ日本が、正月に職を失った人たちの臨時施設が解説されたなんて、事があったとTVで見て、日本が大変なことになっていると、感じているよう。

今この高速道路で走っているGMやフォードの車は、4~5年前、みなさん一斉に新車に買い換えに走ったようで、このときはビックリするほど売れていたようです。

確かに、アメ車の新型が沢山走っています。

その分、ほとんどに人が買い換えたので、今車を買う人が少ないと言うのが実状。

その時に、あまりに大きな体質だったGM、フォード、クライスラーが、一挙に売れた時期の次世代を乗り切れないのは解るような気がする。

沢山売れすぎる怖さというものもあると言うことです。

沢山売れた次は、必ず売れない時期に転ずるしかない。

クオリティのよいものを、必要な分だけ、ほどほどに提供する姿勢が大事だと言うことでしょうか。
[2009/03/09 09:17] レース・戦略・経営 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://withmeracing.blog44.fc2.com/tb.php/1325-8ff069b6








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。